「山川菊栄」の版間の差分

外部リンク削除(ページ消滅)
(外部リンク削除(ページ消滅))
'''山川 菊栄'''('''山川 菊榮'''、やまかわ きくえ、[[明治]]23年([[1890年]][[11月3日]] - [[昭和]]55年([[1980年]][[11月2日]])は日本の評論家・婦人問題研究家である。
 
旧姓は青山。東京生れ。[[山川均]]の妻。日本の婦人運動に初めて科学を持ち込んだ。多くの評論集は、日本における女性解放運動の思想的原点と評される。
 
==経歴==
* [[東京都立竹早高等学校|東京府立二女]]卒業。
* 明治45年([[1912年]] 女子英学塾(現:[[津田塾大学]])卒業。
* [[大正]]4年([[1915年]] [[堺利彦]]・[[幸徳秋水]]らの金曜講演会、[[大杉栄]]らの平民講演会を通して[[社会主義]]を学ぶ。
* 大正5年([[1916年]] 社会主義運動家[[山川均]]と結婚。
* 大正7年([[1918年]]ころから始まった[[母性保護論争]]に参加、[[社会主義]]の立場から[[平塚らいてう]]・[[伊藤野枝]]らの運動を批判。女性論壇の第一人者となる。
* 大正10年([[1921年]]4)4月 日本で最初の社会主義婦人団体「[[赤瀾会]]」を結成、同年メーデーに初参加。
* 昭和22年([[1947年]] [[日本社会党]]に入党。同年[[労働省]]が新設され、9月1日同省[[婦人少年局]]の初代局長に就任。
* 昭和37年([[1962年]] [[田中寿美子]]らと[[婦人問題懇話会]]を設立。
* 昭和55年([[1980年]] 死去
* 昭和56年([[1981年]] 彼女の業績を記念して、[[山川菊栄賞]]設立。
 
==著作==
== 外部リンク ==
*[http://www.chiyoda-days.jp/edo/person/b1-6.html 山川 菊栄 ( やまかわ きくえ )]
*[http://www.kct.ne.jp/~kshimizu/kouriya.htm 山川家系譜・郡屋窪屋郡倉敷村]
*[http://www.pla2.net/details/200712/6012.html 講座 山川菊栄と婦人少年局]
*[http://www5f.biglobe.ne.jp/~rounou/myweb1_067.htm 山川菊栄連続学習会第一回]
 
18,769

回編集