「三色同刻」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''三色同刻'''(さんしょくドーコー)とは、[[麻雀]]における[[役 (麻雀)|役]]のひとつ。[[麻雀牌#萬子|萬子]]・[[麻雀牌#索子|索子]]・[[麻雀牌#筒子|筒子]]それぞれの色で同じ数字の[[面子#刻子|刻子]]([[面子#槓子|槓子]]も含む)を作ったときに成立する。2飜。[[三色同順]]より頻度が少ないためか、食い下がり]]はない。ただし、[[門前 (麻雀)|門前]]では3飜、[[副露]]ならい下がり2飜とするローカルルールも存在する。[[ポン (麻雀)|ポン]]をして作ることが多いことから、'''三色同ポン'''とも呼ばれる。
 
同じ三色役である[[三色同順]]と比べると出現頻度は非常に低い。[[対々和]]、[[三暗刻]]と複合することが多く、まれに[[混老頭]]とも複合する
 
----
(例)[[画像:二萬.png|二萬]][[画像:二萬.png|二萬]][[画像:二萬.png|二萬]][[画像:七索.png|七索]][[画像:七索.png|七索]][[画像:九索.png|九索]][[画像:九索.png|九索]]  [[画像:二筒.png|二筒]][[画像:二筒.png|二筒]][[画像:二筒横.png|二筒(横)]][[画像:二索.png|二索]][[画像:二索.png|二索]][[画像:二索横.png|二索(横)]]
::[[画像:七索.png|七索]][[画像:九索.png|九索]]待ち。三色同刻は4つの面子のうち最低でも3つが刻子となるため、[[対々和]]と複合するケースが多い。
 
----
(例)[[画像:三萬.png|三萬]][[画像:三萬.png|三萬]][[画像:三萬.png|三萬]][[画像:三筒.png|三筒]][[画像:三筒.png|三筒]][[画像:三筒.png|三筒]][[画像:九筒.png|九筒]][[画像:九筒.png|九筒]][[画像:三索.png|三索]][[画像:三索.png|三索]][[画像:七索.png|七索]][[画像:八索.png|八索]][[画像:九索.png|九索]]
::対々が複合しないケースで、ツモり[[三暗刻]]のケース。[[画像:三索.png|三索]]で三色同刻となるが、[[画像:九筒.png|九筒]]では役がない片アガリの牌姿である。このような牌姿ではリーチをかけることが多いが、出アガリでは高目でも子5200点しかなく、難易度・出現頻度の割に点数的に報われない手役であるとも言える。
 
== 派生役 ==
{{麻雀の役}}
 
[[Category{{DEFAULTSORT:麻雀の役|さんしよくと]]う}}
[[Category:麻雀の役]]
1,598

回編集