「トーマス・栗原」の版間の差分

m
dab
(曖昧さ回避)
m (dab)
父の事業の失敗を見て、単身渡米。[[1912年]]、27歳のときに映画俳優養成所に入り、エキストラとして映画出演後、[[トマス・H・インス]]が設立したアジア系俳優に特化した「オリエンタル・プロダクション」に入る。[[早川雪洲]]、[[青木鶴子]]、[[木野五郎]]らと東洋を題材とした映画に多数出演する。特に、[[桜島]]噴火を扱った『火の海』の予言者は当たり役となった。
 
日本での映画製作を志し、[[1918年]]、帰国する。[[1920年]]4月、35歳のとき、知人の[[浅野良三]]([[浅野財閥]]創始者の子息)が[[横浜市|横浜]]・[[山下町]]に設立した、「[[撮影所]]」をもつ[[映画会社]]「[[大正活動映画]]」に、撮影所長兼監督として入社する。その第1回作品『[[アマチュア倶楽部]]』の監督を務め、同作は同年[[11月19日]]に公開になる。1922年の初頭に「大活」が製作を中止するまでの1年あまりで、劇映画、[[ドキュメンタリー]]含めて、30本もの作品を監督した。彼の教えを受けたものは数多く、監督の[[内田吐夢]]、[[井上金太郎]]、[[二川文太郎]]、俳優の[[岡田時彦]]、[[江川宇礼雄]]、[[葉山三千子]]、[[渡辺篤 (俳優)|渡辺篤]]らがいる。「大活」で初めて映画界に入り、のちに映画監督になった者も、最初のキャリアは、栗原同様、「俳優」から始めたのだった。
 
その後、内田吐夢らが設立した映画会社{{要出典}}に協力するなどしたが、生来の持病が悪化し、[[1926年]][[9月8日]]、志半ばで死去した。41歳没。
2,033

回編集