「藤堂高次」の版間の差分

編集の要約なし
高虎にはなかなか実子ができなかったため、[[藤堂高吉]]([[丹羽長秀]]の子)を養嗣子として迎えていた。しかし高虎が46歳のとき、ようやく実子である高次が生まれたのである。そして[[寛永]]7年([[1630年]])、高虎が病死したため、その後を継ぐこととなった。
 
[[1632年]]の江戸城二の丸、[[1639年]]の江戸城本丸消失後の復興、[[1652年]]の日光の家光廟などの数多くの石垣普請の記録を持っている。
この頃、津藩は財政が極度に悪化していた。このため高次は、年貢増収による財政再建を図って新田開発を積極的に奨励するなどの改革に努めたが、幕府の普請費用を積極的に負担したため、財政はさらに悪化の一途をたどってしまった。
 
この頃、津藩は前述の石垣普請の負担により財政が極度に悪化していた。このため高次は、年貢増収による財政再建を図って新田開発を積極的に奨励するなどの改革に努めたが、幕府の普請費用を積極的に負担したため、財政はさらに悪化の一途をたどってしまった。
 
[[寛文]]9年([[1669年]])隠居し、後を長男の高久に譲る。延宝4年(1676年)没した。
匿名利用者