「電子国土」の版間の差分

(+ DEFAULTSORT, - cat 測量(cat 地理技術に吸収))
通常は電子国土サイトの閲覧者がWebブラウザを通じてその場で発信している情報を確認できるように、人間が可読な[[Webページ]]を付随させることが多いが、情報の発信それ自体は[[Hypertext Transfer Protocol|HTTP]]でアクセスできる[[Uniform Resource Identifier|URI]]を明示すれば足りるので、機械可読性のみが措置されたウェブサイト構築も可能であり、そのようなウェブサイトも広義の意味で電子国土サイトと呼ぶことができる。
 
主な電子国土サイトのリストは、電子国土ポータルの「電子国土サイト一覧」[http://portal.cyberjapan.jp/image.htmhtml]から参照することができる。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者