「可算名詞」の版間の差分

視点が日本に偏っていたのを修正、フランス語を追加
m (→‎可算名詞のルール: Category:名詞)
(視点が日本に偏っていたのを修正、フランス語を追加)
'''可算名詞'''は外国語(主に[[英語]]などの言語の[[名詞]]の内,''computer''のよな,[[数詞|ち、1つ、2つ]]と数えられる名詞のことう。それに対し,''water''て、物質名詞や抽象名詞のように直接的に数えられない(量的な多寡でのみ表現可能な)名詞は'''[[不可算名詞]]'''である。
 
==英語==
==可算名詞となり得るもの==
英語の場合、名詞には、純粋可算名詞、純粋不可算名詞、文脈によって可算名詞にも不可算名詞にもなるものの3つのタイプがある<ref>{{Citation
*いわゆる"モノ"(物体)
| last=マーク・ピーターセン
*生物名(''fish''のように端的(集合的・総体的)に表した物など不可算名詞も存在する)
| title=続日本人の英語
*人種
| publisher=岩波新書
(stub)
: ISBN 4-00-430139-4
}}</ref>。
 
===純粋可算名詞のルール===
通常、辞書を見ると可算名詞には"(C)"、不可算名詞には"(U)"が付けられている。また、集合的・総体的に表す場合など、文脈によっては可算名詞にも不可算名詞にもなる場合もある。
いわゆる"モノ"(物体)である。形で定義されるもので、それを数えるとき、モノ自体が単位となる。
*cup (コップ)、pen (ペン)、book (本)など
 
===純粋不可算名詞===
ただし、日本語で数詞を付けて1つ、2つと数えられる名詞が、英語では不可算名詞とされているものも多い。一例では野菜の[[アスパラガス]](asparagus)や[[ブロッコリー]](broccoli)が不可算名詞とされ、逆に数としては数えにくい[[光線]](ray)が英語では可算名詞とされているなど、日本語の概念と異なるものも多く、英語を学習する際の大きな壁の一つである。個々の語の可算・不可算については、辞書で確認のこと。
形も、単位性も、数の関係もないもので、「○○というもの」を一般的に表現するものである。
*information (情報)、knowledge (知識)、equipment (設備)など
 
===文脈によるもの===
例えば、rope (ロープ)という単語は、「1本のロープ」という意識がある文脈では可算名詞の "a rope" という使われ方をし、漠然と「ロープというもの」という意識がある文脈では不可算名詞の "rope" という使われ方をする。
 
通常、辞書を見ると可算名詞には"(C)"、不可算名詞には"(U)"が付けられている。また、集合的・総体的に表す場合など、文脈によっては可算名詞にも不可算名詞にもなる場合もある。
==可算名詞のルール==
 
''原則的''に単数形はa,an複数形は(e)sを付ける。複数形は{sheep-sheep=羊}のように単複同形の語や{woman-women=女}のように変わった活用をするものもある。また,''可算名詞+of+不可算名詞''のかたちで不可算名詞の数量を数える事もある。(例:a cup of coffee=カップ1杯のコーヒー)
ただし、日本語で数詞を付けて1つ、2つと数えられる名詞が、英語では不可算名詞とされているものも多い。一例では野菜の[[アスパラガス]](asparagus)や[[ブロッコリー]](broccoli)が不可算名詞とされ、逆に数としては数えにくい[[光線]](ray)が英語では可算名詞とされているなど、日本語の概念と異なるものも多く、英語を学習する際の大きな壁の一つである。個々の語の可算・不可算については、辞書で確認のこと。
 
===可算名詞のルール===
''原則的''に単数の不定のものa,an複「不定冠詞+単数形は(e)sを付ける。」、複数の不定のもの{sheep-sheep=羊}無冠詞ように単の語や{woman-women=女}のように変わった活用をで表るものもある。また,''可算名詞 + of + 不可算名詞''のかたちで不可算名詞の数量を数える事もある。(例:a:a cup of coffee = カップ1杯のコーヒー、two cups of coffee = 2杯のコーヒー)
 
前述のアスパラガスやブロッコリーを数える場合は、以下のような表現が使われるといわれている。
*a spear of asparagus
*a head of broccoli
 
==フランス語==
[[フランス語]]では、名詞が可算か不可算かは、人が物を見るときの有界性(「ここからここまで」と境界線が引かれている状態)によって決まる。冠詞によって意味が転換される名詞がある<ref>{{ Citation
| last=東郷雄二
| author-link=東郷雄二
| title=フランス語の隠れたしくみ 8. 冠詞は意味をどのように区切るか
| journal=ふらんす
| volume=79
| issue=11
| year=2004
| publisher=白水社
| url=http://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/france/cache8.pdf
}}</ref>。
 
*可算名詞の un b&oelig;uf (牛)の不定冠詞を部分冠詞に変えると、不可算名詞の du b&oelig;uf (牛肉)になる(もともとあった動物としての有界性から物質としての非有界的な見方への転換)。
*1つしかないと一般に認知されている物を指す名詞の le soleil (太陽)の定冠詞を部分冠詞に変えると、不可算名詞の du soleil (日光)になる(個体からその放射への転換)。
*可算名詞の un professeur (先生)の不定冠詞を部分冠詞に変えると、不可算名詞の du professeur (教師らしさ)になる(個体からその性質への転換)。
*不可算名詞の du caf&eacute; ((物質としての)コーヒー)の部分冠詞を不定冠詞に変えると、可算名詞の un caf&eacute; ((コップ1杯の)コーヒー)になる(有界性の導入)。英語のように a cup of coffee という言い方は必ずしもしない。
 
==参考文献==
<references/>
 
{{DEFAULTSORT:かさんめいし}}
[[Category:英語]]
[[Category:フランス語]]
[[Category:名詞]]
{{language-stub|かさんめいし}}
匿名利用者