「グレン・グールド」の版間の差分

* [[アルトゥル・シュナーベル]] - <small>10代のグールドが愛好したピアニスト。</small>
* [[吉田秀和]] - <small>日本でグールドを最初に評価した著名な音楽評論家の一人。同氏の『芸術新潮』誌の63年4月号の記事が日本での紹介の先駆けであるといわれている。</small>
* [[羊たちの沈黙]] - <small>作中人物ハンニバル・レクター]] - <small>『羊たちの沈黙』などに登場する人物であり、その愛聴盤がグールドのゴルトベルク変奏曲であることは有名。</small>
 
== 外部リンク ==
匿名利用者