「アルフォンソ1世・デステ」の版間の差分

m
読みなど
m (ロボットによる 追加: ru:Альфонсо I д’Эсте)
m (読みなど)
[[エルコレ1世・デステ]]と妃[[レオノーラ・ダラゴーナ]]の長子。姉は[[ルネサンス]]の華と謳われた[[イザベラ・デステ|イザベッラ]]、[[ベアトリーチェ・デステ|ベアトリーチェ]]である。
 
彼が1505年に公位を継承して直面したのは、実弟フェランテと異母弟ジューリオが、アルフォンソともう一人の弟イッポト[[枢機卿]]に対してたくらんだ陰謀であった。1506年9月、[[不敬罪]]の容疑で2人を捕らえ、死刑を宣告したが、彼らを絞首刑にするところを変え、終身刑とした。2人は、トッレ・ディ・レオニの2つの独房に分けて幽閉された。フェランテは34年後に独房で死に、ジューリオは53年もの幽閉ののち赦免され解放された。釈放後、ジューリオはフェッラーラの街頭で時代遅れの衣服を嘲笑されたという。
 
[[イタリア戦争]]において、アルフォンソはカンブレー同盟側についた。[[ローマ教皇]][[ユリウス2世 (ローマ教皇)|ユリウス2世]]によって司令官に命じられ、ポレセッラの戦いで[[ボローニャ]]を獲得。しかし1510年にユリウス2世に破門され、フェラーラを教皇領にされた。彼は[[ヴェネツィア共和国]]や教皇庁の敵と戦い続け、1512年の[[ラヴェンナの戦い]]では、フランス軍に勝利をもたらす重要な役割を演じた。これらの快進撃は、ラ・ジューリアと名付けられた巨大な大砲を含むフェラーラの兵器がもたらしたとされている。1526年から1527年にかけ、教皇[[クレメンス7世 (ローマ教皇)|クレメンス7世]]に対抗した[[カール5世 (神聖ローマ皇帝)|カール5世]]の遠征に参加した。1530年、教皇はアルフォンソの破門を解き、[[モデナ]]と[[レッジョ]]を与えた。
*女児(1507年、死産)
*[[エルコレ2世・デステ|エルコレ]](1508年-1559年)
*イッポト(1509年-1572年)  枢機卿
*アレッサンドロ(1514年-1516年)
*エレオノーラ(1515年-1575年) 尼僧
20,644

回編集