「キダチチョウセンアサガオ属」の版間の差分

編集の要約なし
'''キダチチョウセンアサガオ属'''(ーぞく)[[ナス科]]の属のひとつで、低木または高木となる。学名''Brugmansia''。学名のカタカナ表記で、'''ブルグマンシア属と'''いうこともある。また、園芸上、'''エンジェルストランペット'''、'''エンジェルトランペット'''(Angels Trumpet、Angel Trumpet)と呼ばれることが多い。花言葉は、愛敬、偽りの魅力、変装、愛嬌。
 
この属近縁なものには[[チョウセンアサガオ属]]<!--の一年草が=>「一年草」と言い切っていいかわからないので、コメント-->がある。
 
==特徴==
春から秋にかけて、下向きに垂れ下がった花をつける。つぼみには卵形、球形、紡錘形などがあり、花はつぼみから飛び出すような形で咲く。花弁の先端は、5つに分かれ反り返る。原産地はアメリカの熱帯地方だが、暑さが苦手で高地にしか生息していない。そのため熱帯気候となる日本では、夏季の生育が緩慢になり、管理を怠ると最悪枯れてしまう場合もある。しかしキダチチョウセンアサガオ属は低温に強く、丈夫で育てやすい植物である。春温かくなってから旺盛に生育してゆき、開花時期には大型の株にたくさんの花をつけるのがとても魅力的である。
28,698

回編集