「ジョルジュ・ソレル」の版間の差分

編集の要約なし
'''ジョルジュ・ソレル'''(Georges Sorel、[[1847年]][[11月2日]] - [[1922年]][[8月29日]])は、革命的サンディカリスムの[[フランス人]]の[[哲学者]]、社会理論家。
 
フランス・[[シェルブール]]のワイン商人の家に生まれる。[[エコール・ポリテクニーク]]を卒業。はじめはフランス政府の[[監]]だった。しかし、社会問題を研究するようになり、[[1890年代]]に[[マルクス主義]]に傾倒する。[[労働組合]]の団結と闘争とを説く([[1898年]])。その反議会主義と[[直接行動]]への志向は当時の[[知識人]]と[[労働者]]に歓迎された。
 
最初、マルクス主義理論の弱点と考えたものを補おうとしたが、最終的にはマルクス主義の修正とも言える思想を唱え、[[史的唯物論]]と[[弁証法的唯物論]]、および[[プロレタリア国際主義]]を拒絶した。さらに正統派マルクス主義の「歴史の必然」を信じず、慎重に考案された「[[神話]]」が[[大衆]]を一致した行動に導く、と考えた。したがって、ソレルの行動指針は、[[ゼネラル・ストライキ]]、[[ボイコット]]、[[労働争議#サボタージュ|サボタージュ]]によって[[資本主義]]を分裂させ、労働者による[[生産手段]]の統制をもたらすことに向けられた。さらに[[アナキスト]]である[[ピエール・ジョゼフ・プルードン|プルードン]]や[[ミハイル・バクーニン|バクーニン]](特に「戦争と平和」に見られる思想)にも理論的是認を求め、「神話」の重要性と[[科学]]的な[[唯物論]]への反対については[[アンリ・ベルクソン]]や[[エドゥアルト・フォン・ハルトマン]]に学んだといえる。また、強制力を使って変化を起こす唯一の道だとして、フランス社会でとらえられていた[[ジャコバン]]の伝統を復興させた。[[ブルジョワ民主主義]]を攻撃したことについて、ソレルは[[アクション・フランセーズ]]の[[シャルル・モーラス]]を賞賛した。さらにソレルは国家の永久戦争''the state of permanent war''も[[階級闘争]]、[[革命]]とした。
 
一方、ソレル自身はあくまでマルクス主義理論家であった。ソレルは[[イタリア]]のマルクス主義の父[[アントニオ・ラブリオーラ]]と親交を持っていて、[[フランス語]]に翻訳された「歴史の唯物論概念」についてのラブリオーラの[[エッセイ]]に序文を書いている。さらには主著の『[[暴力論]](『暴力に関する考察』) Reflexions sur la Violence, [[1908年]]』第五版の付録として、《[[ウラジーミル・レーニン|レーニン]]のために Pour Lenine 》という題の論文を書いて憲法制定会議をボイコットして[[社会主義]]を宣言したレーニンの行為を弁護し、[[ロシア革命]]をたたえている。