「ハドスン夫人」の版間の差分

女性登場人物としては、[[アイリーン・アドラー]]と並んで、シャーロキアンに重要視されるハドスン夫人だが、ホームズとの関わり以外では、その来歴や私生活は、原作では多くを語られていない。その点がまた、シャーロキアンの想像をたくましくさせても来た。
 
最も大胆な推理は、ハドスン夫人は実はホームズの恋人であって、その本名はアイリーン・アドラーだった、とするものである。これは『ボヘミアの醜聞』で下宿の女主人がハドスン夫人ではなくターナー夫人であるという謎を合理的に解決する仮説である。ただし、ワトスンの手記には『ボヘミアの醜聞』の事件がホームズとアドラーのただ一度きりの出会いだったと書かれている。
 
日伊合作のテレビアニメ『[[名探偵ホームズ]]』では、最初期の[[航空機]]パイロットであった夫を事故で失った、若き未亡人として描かれた。ワトスンを助手席にしたがえて自動車で疾走し、ハンドルを操りつつ[[リボルバー]](オートマチックは[[ジョン・ブローニング]]以後である)で航空機を狙撃する、おそらくはもっとも活動的なハドスン夫人が描かれた作品でもある(他に、航空機のレースに出場し、自ら操縦するというエピソードも有った)。また、かの[[ジェームズ・モリアーティ|モリアーティ]]教授に人質に取られながら、ホームズに対するのと同様の献身的奉仕をほどこして、教授といくばくかの心の交流を結ぶなどしている。同作品ではファーストネームも“マリー”と設定されている。
匿名利用者