「ハリウッド的殺人事件」の版間の差分

wk, +Template:Infobox Film
m (ロボットによる 追加: sv:Brottsplats Hollywood)
(wk, +Template:Infobox Film)
{{Infobox Film
『'''ハリウッド的殺人事件'''』(はりうっどてきさつじんじけん、原題:Hollywood Homicide)は、2003年に公開された[[ハリウッド]]映画。
|作品名 = ハリウッド的殺人事件
|原題 = Hollywood Homicide
|画像 =
|画像サイズ =
|画像解説 =
|監督 = [[ロン・シェルトン]]
|製作総指揮 =
|製作 =
|脚本 = [[ロバート・ソウザ]]<br />ロン・シェルトン
|出演者 = [[ハリソン・フォード]]<br />[[ジョシュ・ハートネット]]<br />[[レナ・オリン]]<br />[[マーティン・ランドー]]<br />[[ドワイト・ヨアカム]]
|音楽 =
|主題歌 =
|撮影監督 =
|撮影 =
|編集 =
|配給 = {{flagicon|USA}} [[ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント (米国)|ソニー・ピクチャーズ]]<br />{{flagicon|JPN}} [[ウォルト・ディズニー・カンパニー|ブエナ・ビスタ]]
|公開 = {{flagicon|USA}} [[2003年]][[6月13日]]<br />{{flagicon|JPN}} [[2004年]][[1月24日]]
|上映時間 = 115分
|製作国 = {{USA}}
|言語 = [[英語]]
|制作費 =
|興行収入 =
|前作 =
|次作 =
|allcinema_id =
|varietyjapan_id = 34733
|amg_id =
|imdb_id = 0329717
}}
『'''ハリウッド的殺人事件'''』(はりうっどハリウッドてきさつじんじけん、原題:Hollywood Homicide)は、2003年に公開された[[ハリウッド]]映画。
 
==概要==
内容は所謂いわゆる[[二人組#バディムービー|バディムービー]]と呼ばれる、刑事コンビが活躍して事件を解決すると言うありふれた内容。ただし通常の刑事作品と異なるのは主役のコンビが二人とも[[副業]]を抱えており、その副業に絡んだ悩みや複雑な思いを抱え、時にそれに振り回されつつ捜査を進めていくと言う点。シリアスなサスペンスや警察映画ではなく、全体的にドタバタ喜劇の様相を呈している。
 
{{ネタバレ}}
==あらすじ==
[[ロサンゼルス]]市内のクラブで銃撃事件が発生し、出番を終えたばかりのヒップホップグループ「H2Oクリック」のメンバーが殺害された。捜査担当となったジョー・ギャビランとK・C・コールデンは現場の状況から、銃撃事件がこのメンバーらを暗殺するためのものと断定し捜査をすすめていく。ところが捜査はそう順調ではなかった。二人はそれぞれ悩みを抱えていたからだ。ギャビランは副業で[[不動産会社|不動産業]]を営んでいるが、抱えた物件が捌けずに苦しんでいた。コールデンは[[ヨーガ|ヨガ]]教室を営んでいてなかなかの副収入を得ており、また生徒の美女たちとそれなりに楽しい生活をすごしていたが、役者になると言う夢にこだわりを持っており、また銃の扱いが下手であるなど刑事としての才能のなさでも苦労していた。ギャビランはなんとか大きい取引を纏めたいと腐心し、コールデンは目前に迫った自主制作の舞台に向けて気が気でない。
 
そんな時に二人にチャンスが訪れる。コールデンの教室に通う女性のツテで、自宅の豪邸を売りたいと言う大物[[プロデューサー]]と知り合うことができたのだ。ギャビランにしてみればこの取引を纏めれば、相当の手数料を手に入れることが出来る。一方で役者を目指すコールデンにしてみると、大物に自分の演技を見てもらうまたとない機会。捜査の傍ら訪れたプロデューサー宅で、ギャビランは72時間の独占交渉権を得る。またコールデンはとりあえず舞台のチケットとパンフレットをおいてくることに成功した。
 
==キャスト==
*アントワン・サーティン:[[イザイア・ワシントン]]
*ワンダ:[[ルー・ダイアモンド・フィリップス]]
*リロイ・ワズリー:[[ドワイト・ヨカム]]
*K・ロー:[[コラプト]]
*ジャクソン刑事:[[メレディス・スコット・リン]]
{{DEFAULTSORT:はりうつとてきさつしんしけん}}
[[Category:アメリカ合衆国の映画作品]]
[[Category:コメディ映画]]
[[Category:2003年の映画]]
 
2,697

回編集