「マヘンドラ・ビール・ビクラム・シャハ」の版間の差分

パンチャヤット制は間接民主制であり、国王親政ではありません。
(パンチャヤット制は間接民主制であり、国王親政ではありません。)
[[1959年]]、[[憲法]]を公布してネパール初の[[総選挙]]を実施。選挙の結果[[ネパール会議派]]が大勝し、[[ビシュウェシュワール・プラサド・コイララ]]内閣が誕生する。しかし、改革を進めようとする内閣と、権力を維持したい国王は次第に対立を深め、[[1960年]]、マヘンドラは憲法を停止して内閣・議会を解散、コイララ首相ら政党指導者を逮捕した('''''国王のクーデター''''')。
 
[[1962年]]、政党の禁止などを定めた新憲法を公布。以後ネパールは[[1990年]]に[[ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャー・デーヴ|ビレンドラ]]国王が民主化を行うまで、[[パンチャヤット制]]と呼ばれる国王にきわめて有利な[[親政間接民主制]]が続い行われた。また、首相の任免は国王が行った。
 
{{先代次代|[[ネパールの国王|第9代国王]]|[[1955年]] - [[1972年]]|[[トリブバン・ビール・ビクラム・シャー・デーヴ|トリブバン]]|[[ビレンドラ・ビール・ビクラム・シャー・デーヴ|ビレンドラ]]}}
匿名利用者