「アウェアネス・リボン」の版間の差分

→‎アウェアネス・リボンへの批判: 英語版からの直訳を、意訳に代える
m (Bot: rdr エイズ)
(→‎アウェアネス・リボンへの批判: 英語版からの直訳を、意訳に代える)
 
==アウェアネス・リボンへの批判==
アウェアネス・リボンの増加は、努力も時間もお金もかけず「見せかけの支援」を人々に許す[[スラッカティヴィズム]]([[:en:slacktivism|en:slacktivism]])の形として批判された。[[コメディアン]]の[[ジョージ・カーリン]]は、ネタ中でスラッカティヴィズムの独特な型彼の演技で公然と非難し、[[スカトロジカル・ユーモア|スカトロジカル]]([[:en:Scatological humor|en:scatological]])な返答としてブラウン大○を連想させる茶色のリボンを着ける事を提唱した。
 
==関連リンク==
匿名利用者