「孝廉」の版間の差分

編集の要約なし
(sort.)
編集の要約なし
'''孝廉'''(こうれん)とは[[前漢]][[武帝 (漢)|武帝]]が制定した[[郷挙里選]]の[[察挙]]科目の一つ。孝廉とは父母への孝順及び物事に対する廉正な態度を意味する。孝廉は察挙常科の中で最も重要視された科目である。
 
 
[[元光 (漢)|元光]]元年([[紀元前134年|前134年]])、武帝は[[董仲舒]]の建議を容れ、毎年国郡ごとに孝者﹑廉者各1名を推挙するように命じた。やがてこの種の察挙は孝廉と通称されるようになり、漢代察挙制の中の最重要科目としての地位を占めるようになり、漢代の官人の主要な選抜手段となった。
匿名利用者