「高安流」の版間の差分

編集の要約なし
{{出典の明記}}
'''高安流'''(たかやす-りゅう)は[[能]]の[[流儀]]の一。ワキ方と大鼓方がある。
 
 
芸風は気迫を重んじ、コミを深く取るところに特色があり、安福春雄の後も、子の建雄、柿原崇志、国川純など手利きが多い。[[能楽協会]]には10名余が登録される。
 
== 参考文献 ==
 
*『能楽全書』(東京創元社)
*『能・狂言事典』(平凡社)
*『岩波講座 能・狂言』(岩波書店)
*金剛右京『能楽芸話』(能楽書林)
 
 
[[Category:能|たかやすりゆう]]
匿名利用者