「スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ」の版間の差分

とはいえ、彼は文化・教育の分野で多くの成果を挙げている。彼は[[School of Chivalry]] (otherwise "[[Corps of Cadets]]")を設立した。それは[[1765年]]から[[1773年]]まで活動し、卒業生にはタデウス・コシュチシュコが含まれていた。そして世界で最初の国家教育省である[[国家教育委員会]](1773年)も設立された。
 
[[1765年]]には彼は「モニター」(モニトル)という新聞を発行-これは[[ポーランド啓蒙主義]]の月刊誌である-し、また国立劇場の設立を助けた。彼は「[[:en:Thursday dinners|木曜晩餐会]]」を開いた。これは、ワルシャワで最も豪華な社交場であった。
彼は工業を立ち上げ、鉱業の発展を支援した。彼は[[ワルシャワ城]]を改造し、ワルシャワで最もロマンティックな公園である[[Łazienki]]を建設した。彼は numismaticな絵画のコレクションと版画を所蔵していた。彼はワルシャワに大きな美術館を建てる計画も持っていたが、これはポーランドの崩壊によって挫折した。彼が収集した絵画の殆どは、現在[[ロンドン]]の[[ダリッジ・ピクチャー・ギャラリー]] ([[:en:Dulwich Picture Gallery|Dulwich Picture Gallery]]) で見ることができる。
 
匿名利用者