「Protocol Data Unit」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''Protocol Data Unit''' ('''PDU''') とは、データ通信に使われるバイナリデータの並びのこと。
 
PDUは、通信[[通信プロトコル]]で定義されたヘッダ部分と、通信データの中身である[[ペイロード]]から成る。ヘッダ部分には少なくとも、このデータの種別、あらかじめ定義されていて解釈可能な配送先(アドレスや名称)と送信元、[[ペイロード]]が可変長である場合は[[ペイロード]]の大きさ(バイト数など)が記述されており受信側でこれを解釈することで通信が成り立つ。
 
== 実際のPDUの例 ==
[[Internet Protocol|IP]]プロトコルの場合のPDUは[[パケット]]である。[[Ethernetイーサネット]]のPDUは[[フレーム]]と呼ばれる。通常のLANの場合、下位プロトコルであるEthernetのフレームを解釈してヘッダ部分を取り去ると上位プロトコルのIPのパケットがペイロードとして入っている。
 
[[Category:通信プロトコル]]
740

回編集