「修羅能」の版間の差分

編集の要約なし
'''修羅能'''(しゅらのう)とは、[[能]]の演目の中で武人が[[シテ]]になるものを言う。修羅物とも言う。[[能#上演形式|五番立]]においては二番目物となる。[[修羅道]]に落ちて苦しむさまが語られることからこう呼ばれる。多くは源平の武将を主人公とするが『[[田村]]』などの例外もある。
 
戦いに負けた側がシテである'''負修羅'''(まけしゅら)がほとんどであるが、戦いに勝った側をシテとする'''勝修羅'''(かちしゅら)もある。
66

回編集