「ウソスコア」の版間の差分

また、[[プレイステーション]]ソフト[[ザナック×ザナック]]のインターネットランキングにおいて、特定のステージで999999999点という、通常のプレイでは不可能なスコアが掲載された事を受け、販売元の[[コンパイル (企業)|コンパイル]](現在は倒産)はインターネットランキング上位入賞者に、「ゲームプレイの動画」を提出する事を義務つけるようになったという事件もあった。後にこのハイスコアは、[[プロアクションリプレイ]]による[[改造コード]]を使用して出した物だという事が判明している。
*先述のように、改造ツールを悪用したスコアコンテスト参加者はファミコンディスクシステム時代から横行しており、景品が貰えるコンテスト程その手の参加者が多い。
例えばSFCで発売された[[鮫亀]]のハイスコアコンテストではN64が景品となった為、改造ツールを使ったハイスコアが多かったとの事。(応募の為に必要なパスワードでハドソン側がツール使用の有無を判別していた)
 
ごく最近ではグラディウスVのスコアコンテストでのツール使用者と思われるランキング入りの指摘があったが、コナミ側のユーザーの判断に任せる的な発言が問題になった事がある。(こちらも上位ランキング入賞者には景品が贈呈されていた)
 
==関連項目==
75,131

回編集