「ヨーロッパ世界」の版間の差分

編集の要約なし
m (WP:BOTREQ#カテゴリ移行 Catイギリスの歴史など)
'''ヨーロッパ世界'''(ヨーロッパせかい)とは、[[ヨーロッパ]]において、[[ゲルマン民族の大移動]]後、[[ゲルマン民族]]の習俗と[[古代ローマ]]の[[文明]]、さらに[[キリスト教]]信仰との融合([[習合]])、及び[[東ローマ帝国]]の[[ビザンチン文化]]、キリスト教信仰と[[スラブ人]]の習俗との融合の結果できた歴史的な[[世界]]である。
 
[[古代ギリシア]]、[[古代ローマ]]の[[地中海世界]]の後に登場した世界である。
 
==ヨーロッパ世界の変質==
ローマ教会と神聖ローマ皇帝が主導する西ヨーロッパのカトリック世界と東ローマ帝国とスラブ人王国が主導する東ヨーロッパの東方正教世界からなる「ヨーロッパ世界」は以下のような外部的要因と内部的要因によって変質していき、新たな局面を迎える。特に大航海時代以降の展開は[[世界の一体化]]過程([[近世における世界の一体化]])において重要な役割をなし全世界に大きな影響を及ぼすこととなった
===東ローマ帝国の滅亡とオスマン帝国の圧力===
===ルネサンスと大航海時代、宗教改革===
''[[ルネサンス]]、[[大航海時代]]、[[宗教改革]]を参照''
===三十年戦争と「[[ウェストファリア体制]]」の成立===
''[[三十年戦争]]と[[神聖ローマ帝国]]を参照''
*[[神聖ローマ帝国]]
*[[フランク王国]]
*[[キリスト教の歴史]] - [[カトリック教会]]([[西方教会]])- [[東方教会]] - [[プロテスタント]] - [[ケルト系キリスト教]] - [[異教]]
*[[東方教会]]
*[[ルーシ]]
*[[ノルマン人]]([[ヴァイキング]])
*[[スラヴ人]]
*[[イスラム世界]] - [[イスラーム哲学]]
*[[ロマネスク建築]]
*[[ゴシック建築]]
*[[ビザンツ文化]]
*[[ビザンツ建築]]
*[[ペスト]]([[黒死病]])
 
{{DEFAULTSORT:よろつはせかい}}
1,080

回編集