メインメニューを開く

差分

m
先代次代テンプレートに変更
ムガル帝国の存在が形骸化する一方で、イギリス東インド会社は確実に勢力を増大させ、[[1818年]]には帝国にとって長きにわたり目の上のたんこぶとなっていた[[マラータ王国]]を滅ぼした。20年後にはムガル帝国本体に攻撃の矛先が向けられることになる。ヒンドゥーの勢力と列強の勢力が入り乱れた[[1837年]]、帝国の権威を回復する術も見当らず、77歳で死亡。子の[[バハードゥル・シャー2世]]がそのまま引き継いだ。
 
{{先代次代|[[ムガル帝国#歴代スルタン|ムガル皇帝]]|第16代: 1806-1837|15代:父 [[シャー・アーラム2世]]|17代:子 [[バハードゥル・シャー2世]]}}
<center>
<table border="1">
<tr>
<td width="38%" align="center">前の皇帝:<br/>
15代目:父 [[シャー・アーラム2世]]</td>
<td width="24%" align="center">[[ムガル帝国#歴代皇帝|ムガル皇帝]]</td>
<td width="38%" align="center">次の皇帝:<br/>
17代目:子 [[バハードゥル・シャー2世]]</td>
</tr>
</table>
</center>
 
[[Category{{DEFAULTSORT:ムガル帝国の君主|あくはる  しや2]]}}
[[Category:1760年生|あくはるしや2ムガル帝国の君主]]
[[Category:18371760没|あくはるしや2]]
[[Category:1837年没]]
 
[[en:Akbar Shah II]]
6,071

回編集