「日本医療機能評価機構」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 日本の医療機能評価の歩み ==
アメリカを中心にイギリス(KFOA),オーストラリア(ACHSA)など,世界の先進国では病院の活動評価が長年にわたって行われ、日本でも評価に関する検討が始まった。
 
*[[1976年]]: 日本医師会内に病院委員会を設置し病院機能評価の手法について検討を開始。
 
*[[1985年]]: 日本医師会と厚生省(当時)が合同で病院機能評価研究会を設置。
*[[1987年]]: 同研究会が「病院機能評価マニュアル」を作成公表。
*[[1991年]]: 日本病院会が「病院機能標準化マニュアル」を発刊。
*[[1993年]]: 日本医師会病院機能評価委員会が具体的な第三者評価基準を盛り込んだ報告書を発表。
*[[1995年]]: 「財団法人日本医療機能評価機構」が発足。2年間の運用調査開始。
*[[1997年]]: 本審査開始。
 
==現在の医療機能評価制度について==
118

回編集