「富田義泰」の版間の差分

編集の要約なし
'''佐々木 義泰'''('''ささき よしやす'''、生没年不詳)は、[[鎌倉時代]]初期の[[御家人]]。[[佐々木泰清]]の四男。[[月山富田城]]主。富田四郎ともいう。子に[[佐々木泰茂|泰茂]]、[[佐々木師泰|師泰]]、[[佐々木頼秀|頼秀]]らがいる。紋は「[[花輪違]](七宝に花角)」。
 
[[出雲国]][[守護]]を継承した兄[[佐々木頼泰|頼泰]]が[[出雲国]]西部の塩冶に移ったため、[[月山富田城]]主となった。大夫判官。
525

回編集