「バッファ」の版間の差分

加筆 機械部品としてのバッファ
(「プリンタバッファ」を追記)
(加筆 機械部品としてのバッファ)
{{Otheruses|データの一時的な[[記憶装置]]・記憶領域|その他の用法|バッファー}}
'''バッファ'''(buffer)とは、衝撃を吸収または和らげる緩衝器の意味であり、[[コンピュータ]]など情報処理機器場合、[[入出力|入出力装置]]や[[補助記憶装置]]などの入出力デバイスと、[[CPU]]・[[制御装置]]・[[コントローラ]]などの処理装置との間でデータを遣り取りする際に、入出力と処理との間でタイミングに時間的な差がある場合,それを吸収する、または調整をするための一時的なデータを記憶する装置、または場所。また、[[機械]]や[[装置]]などの機構部分を成し使用される場合は「[[バッファー]]」と呼ぶが[[英語]]の綴りは同じである
 
バッファの例としては次のようなものがある。