「ランダムウォーク」の版間の差分

(指さんだろ、さすがに。)
特に、''X''<sub>''n''</sub> が ''Z''<sup>''d''</sup> 値であり、かつ、
 
:<math>P( X_n = (0 , \cdotsmathbf{e}_j ,) 0= ,P( 1X_n , 0 ,= -\cdots , 0)mathbf{e}_j ) = \frac{1}{2d} </math>
 
上式の<math>\mathbf{e}_j</math> ''d'' 次元ベクトル ''dj'' 成分が 1 である事を示すの[[単位ベクトル]])である時、''S''<sub>''n''</sub> を(''d'' 次元)単純ランダムウォーク {{lang|en|(''d'' dimensional simple random walk)}} という。
 
==例==
49

回編集