「大国主の神話」の版間の差分

赤貝の殻の粉と蛤汁
(赤貝の殻の粉と蛤汁)
 
比較神話:八十神の迫害および根の国訪問の説話は、[[課題婚]]型と呼ばれる神話の形式で、世界各地に見られる。オオナムヂが死んで母親の力によって蘇生するという話は、[[フィンランド]]の叙事詩『[[カレワラ]]』と非常に酷似しているとの指摘がある。これらの話を成人[[通過儀礼]]を表すものとする説もある。
 
カミムスビが遣わしたキサガイヒメは[[アカガイ|赤貝]]、ウムギヒメは[[ハマグリ|蛤]]であり、赤貝の殻の粉を蛤汁で溶いて火傷に塗布したと考えられている<ref>富士川游「史談-日本医史:大穴牟遲神」『中外医事新報』1915年、835号、p46-47</ref>。これは後の石灰乳(''Linimentum Calcis'')に通じるものがあり、火傷に対し妥当な治療法であった考えられている<ref>伊沢凡人ら「中国医学の生薬療法と混同されやすいわが国・固有の生薬療法-和法」『保健の科学』2001年、43巻、8号、p595-596</ref>。
 
オオヤビコのいる「木国」(きのくに)については、一般には[[紀伊国]]と解され、これを根拠に当時[[出雲国|出雲]]と紀伊の間には交流があったとされている。しかし、根の国([[黄泉]])の入口である黄泉津比良坂は旧出雲国(島根県八束郡東出雲町)にあり、一旦紀伊国まで行くのはおかしいとして、これは単に木の多い所の意味であるとする説もある。
 
ヌナカワヒメという名前は[[越国]]頸城郡沼川(ぬのがわ)郷に因むものである。[[新潟県]][[糸魚川市]]には、ヌナカワヒメを祀る奴奈川神社がある。
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{日本神話}}
7,059

回編集