「トリヴィア」の版間の差分

編集の要約なし
m (後者の説の方がもっともらしい感じ?)
また、中世の教養科目([[リベラル・アーツ]])のうち基本となる3つ([[文法]]・[[修辞学]]・[[弁証法]])のことをtrivium(三学、複数形でtrivia)と呼んだため、そこから「初歩的でつまらない」という意味が生じたともいう。
 
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]では[[1980年代]]にトリビアを集めた[[ペーパーバック]]が人気を呼んだ<ref>[[小林信彦]]『本音を申せば』[[文藝春秋]]、2005年、p73</ref>。日本では、[[2002年]]から[[放送]]された[[フジネットワーク|フジテレビ系列]]の『[[トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜|トリビアの泉]]』という[[テレビ番組|番組]]が[[流行]]したこともあって、「雑学的な事柄や知識」という意味で浸透した
 
日本での使用例は、少なくとも[[1988年]]出版の『スーパートリビア事典』<ref>フレッド・L・ワース、渡辺洋一(訳)『スーパートリビア事典 アメリカ大衆文化を知るための雑学情報百科』研究社出版、1988年、ISBN 4327461083</ref>までさかのぼることができる。さらに[[2002年]]から[[放送]]された[[フジネットワーク|フジテレビ系列]]の『[[トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜|トリビアの泉]]』という[[テレビ番組|番組]]が[[流行]]したこともあって、「雑学的な事柄や知識」という意味で浸透した。
 
形容詞はトリヴィアルtrivial。[[数学]]では、ごく基本的で明らかなことを指してトリビアル(「自明な」と訳される)という用語をよく使う。