「アルテミス (小惑星)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sl:105 Artemida)
| 色 = 岩石天体
| 発見日 = [[1868年]][[9月16日]]
| 発見者 = [[ジェームズ・クレイグ・ワトソン|J. C. ワトソン]]
| 発見方法 =
}}
{{天体 軌道
| 色 = 岩石天体
| 元期 = 200720084111030日 ([[ユリウス日|JD]] 2,454,200800.5)
| 軌道長半径 = 2.373374 [[天文単位|AU]]
| 近日点距離 = 1.955956 AU
| 遠日点距離 = 2.792 AU
| 離心率 = 0.176
| 公転周期 = 3.66 [[ユリウス年|年]]
| 軌道傾斜角 = 21.46146 [[度 (角度)|度]]
| 近日点引数 = 56.47655
| 昇交点黄経 = 188.3534
| 平均近点角 = 61222.33296
}}
{{天体 物理
| 絶対等級 = 8.57
| アルベド = 0.0465
| 平均表面温度 = ~181 [[ケルビン|K]]
| 色指数_BV = 0.693
| 色指数_UB = 0.317
| 色 = 岩石天体
}}
'''アルテミス''' (105 Artemis) は、[[小惑星帯]]に位置する比較的大きな[[C型小惑星]]の一つである。[[C型小惑星]]で主に[[炭素化合物]]から構成されており、とても暗い。1868年9月16日に[[アメリカ合衆国]]の[[天文学者]]、ジェームズ・クレイグ・ワトソン (James Craig Watson) により発見され、[[ギリシア神話]]の月の女神[[アルテミス]]にちなんで命名された。これまでに何度か[[掩蔽]]の観測が報告されている
 
1868年9月16日に[[アメリカ合衆国]]の[[天文学者]]、ジェームズ・クレイグ・ワトソン (James Craig Watson) によりミシガン州の[[アナーバー (ミシガン州)|アナーバー]]で発見され、[[ギリシア神話]]の月の女神[[アルテミス]]にちなんで命名された。
 
2008年10月に日本の茨城県で[[掩蔽]]が観測された。それ以前にも何度か掩蔽の観測が報告されている。
 
== 関連項目 ==
== 外部リンク ==
* [http://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=105 105 Artemis JPL Small-Body Database Browser]
* [http://uchukan.satsumasendai.jp/data/occult/0810artemis.html 2008.10.12 小惑星アルテミスによる掩蔽の観測成果]
 
{{小惑星ナビゲーター|クリメネ (小惑星)|ディオネ (小惑星)}}
15,279

回編集