「羽田武嗣郎」の版間の差分

編集の要約なし
{{政治家
'''羽田武嗣郎'''(はた ぶしろう、[[1903年]][[4月28日]] - [[1979年]][[8月8日]])は、[[日本]]の[[政治家]]。[[衆議院議員]]。元[[内閣総理大臣]]・[[羽田孜]]の父。
|各国語表記 = はた ぶしろう
|画像 =
|画像説明 =
|国略称 = {{JPN}}
|生年月日 = [[1903年]][[4月28日]]
|出生地 = [[長野県]][[小県郡]][[長和町]]
|没年月日 = [[1979年]][[8月8日]]
|死没地 =
|出身校 = [[東北大学|東北帝国大学]]
|前職 =
|現職 =
|所属政党 =
|称号・勲章 =
|世襲の有無 =
|親族(政治家) = [[羽田孜]](長男)、[[羽田雄一郎]](孫)
|配偶者 =
|サイン =
|ウェブサイト =
|サイトタイトル =
}}
 
'''羽田 武嗣郎'''(はた ぶしろう、[[1903年]][[4月28日]] - [[1979年]][[8月8日]])は、[[日本]]の[[政治家]]。[[衆議院議員]]。元[[内閣総理大臣]]・[[羽田孜]]の父。
==来歴・人物==
[[明治]]36年(1903年)4月28日[[長野県]][[小県郡]][[和田村 (長野県小県郡)|和田村]](現[[長和町]])に生まれる。福島中学、旧制新潟高等学校を経て、[[昭和]]4年([[1929年]])[[東北帝国大学]]を卒業する。東北帝大では、[[阿部次郎]]に私淑する。東北帝大を卒業後、[[朝日新聞|東京朝日新聞社]]に入社し、記者となる。最初に配属になった[[北海道]][[札幌市|札幌]]支局時代、農民大会に出て演説をぶち、本社に帰される羽目になり、さらに帰京の見送りの際、たまたま通りかかった代議士にアカの記者呼ばわりされたため、横っ面をひっぱたいて、東京本社のデスクだった[[細川隆元]]に叱られたというエピソードが残る。
 
== 来歴・人物 ==
政治部記者から鉄道大臣秘書官となり、昭和12年([[1937年]])[[4月20日]][[立憲政友会]]から[[第20回衆議院議員総選挙]]に立候補し、当選する。同年6月[[岩波書店]]の[[岩波茂雄]]の勧めで羽田書店を開業し、出版業を始める。戦後、[[公職追放]]になる。昭和27年([[1952年]])追放解除となる。[[農林省|農林]][[政務次官]]、[[自由党_(日本)|自由党]]政調副会長を歴任する。昭和30年([[1955年]])[[自由民主党_(日本)|自由民主党]]に参加する。自由民主党では[[石井派]]に所属し、党副幹事長、衆議院建設委員長などを務める。昭和38年([[1963年]])脳出血の発作に襲われる。病魔に苦しみながらも昭和42年([[1967年]])[[1月29日]][[第31回衆議院議員総選挙|第31回総選挙]]に立候補し当選する。しかしその後も満足な政治活動が困難になり、昭和44年([[1969年]])引退。後援会の意向もあり長男の羽田孜が後継者となった。昭和54年(1979年)8月8日死去。[[享年]]76。
[[明治]]36年(1903年)4月28日[[長野県]][[小県郡]][[和田村 (長野県小県郡)|和田村]](現[[長和町]])に生まれる。福島中学、旧制新潟高等学校を経て、[[昭和]]4年([[1929年]])[[東北大学|東北帝国大学]]を卒業する。東北帝大では、[[阿部次郎]]に私淑する。東北帝大を卒業後、[[朝日新聞|東京朝日新聞社]]に入社し、記者となる。最初に配属になった[[北海道]][[札幌市|札幌]]支局時代、農民大会に出て演説をぶち、本社に帰される羽目になり、さらに帰京の見送りの際、たまたま通りかかった代議士にアカの記者呼ばわりされたため、横っ面をひっぱたいて、東京本社のデスクだった[[細川隆元]]に叱られたというエピソードが残る。
 
政治部記者から鉄道大臣秘書官となり、昭和12年([[1937年]])[[4月20日]][[立憲政友会]]から公認で[[第20回衆議院議員総選挙]]に立候補し、当選する。同年6月[[岩波書店]]の[[岩波茂雄]]の勧めで羽田書店を開業し、出版業を始める。[[1939年]]の政友会分裂に際しては[[中島知久平]]が総裁を務める政友会革新同盟(革新派、中島派)に所属。昭和17年([[1942年]])[[第21回衆議院議員総選挙|翼賛選挙]]では翼賛政治体制協議会の推薦候補として当選。戦後、[[進歩党_(日本)|日本進歩党]]の結成に参加するが、翼賛議員だったことが原因で[[公職追放]]になる。昭和27年([[1952年]])追放解除となる。[[農林省|農林]][[政務次官]]、[[自由党_(日本)|自由党]]政調副会長を歴任する。昭和30年([[1955年]])[[自由民主党_(日本)|自由民主党]]に参加する。自由民主党では[[水曜会|石井派]]に所属し、党副幹事長、衆議院建設委員長などを務める。昭和38年([[1963年]])[[脳出血]]の発作に襲われる。病魔に苦しみながらも昭和42年([[1967年]])[[1月29日]][[第31回衆議院議員総選挙|第31回総選挙]]に立候補し当選する。しかしその後も満足な政治活動が困難になり、昭和44年([[1969年]])引退。後援会の意向もあり長男の羽田孜が後継者となった。昭和54年(1979年)8月8日、76歳にて死去。[[享年]]76
[[Category:日本の国会議員|はたふしろう]]
 
[[Category:日本の国会議員 (1890-1947)|はたふしろう]]
[[Category{{DEFAULTSORT:長野県の政治家|はたふしろう]]}}
[[Category:新聞社人物|はたふしろう国会議員]]
[[Category:1903年生|はたふしろう日本の国会議員]]
[[Category:1979年没|はたふしろう長野県の政治家]]
[[Category:朝日新聞社の人物]]
[[Category:1903年生]]
[[Category:1979年没]]
匿名利用者