「馮習」の版間の差分

M
 
(M)
'''馮習'''(ふうしゅう、[[182年]]?-[[222年]])は、[[蜀]]の[[武将]]。[[字]]は'''休元'''。
 
[[荊州]]南郡の人。[[劉備]]が[[益州]]を支配する前後からの家臣で、[[221年]]の[[呉 (三国)|呉]]討伐では劉備から実質的な総指揮を任されていたと言われている。馮習は呉の[[武将]]・[[李異]]を打ち破るなど活躍したが、222年、[[陸遜]]の反撃を受けて軍は大敗し、自身も乱戦の中で戦死してしまった。
 
[[三国志 (歴史書)|正史]]では、蜀軍があのような惨めな大敗を喫したのは、馮習が前年の勝利に奢って呉軍を侮っていたためであると厳しく非難している。
 
[[Category:三国志の登場人物|ふうしゆう]]
匿名利用者