「藤堂高次」の版間の差分

編集の要約なし
'''藤堂 高次'''(とうどう たかつぐ、[[1602年]][[1月4日]]([[慶長]]6年[[11月11日 (旧暦)|閏11月11日]]) - [[1676年]][[12月20日]]([[延宝]]4年[[11月16日 (旧暦)|11月16日]]))は、[[江戸時代]]前期の[[外様大名]]。[[藤堂高虎]]の嫡男で、[[伊勢国]][[津藩]]の第2代藩主。官位は従四位下、左近衛権少将、和泉守
 
高虎にはなかなか実子ができなかったため、[[藤堂高吉]]([[丹羽長秀]]の子)を養嗣子として迎えていた。しかし高虎が46歳のとき、ようやく実子である高吉が生まれたのである。そして[[1630年]]、高虎が病死したため、その後を継ぐこととなった。
 
[[Category:江戸の大名|とうどう たかつぐ]]
{{生没年|とうとうたかつく|1602年|1676年}}
匿名利用者