「高円宮憲仁親王」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''高円宮憲仁親王'''(たかまどのみや のりひとしんのう、[[1954年]][[12月29日]] - [[2002年]][[11月21日]])は、[[日本]]の[[皇族]]。[[三笠宮崇仁親王]]と[[崇仁親王妃百合子|同妃百合子]]の第三男子。[[昭和天皇]]の甥・[[明仁|今上天皇]]の従弟にあたる。
 
[[勲等]]は[[大勲位]]。[[身位]]は[[親王]]。 [[敬称お印]]は[[殿下ヒイラギ|柊]](ひいらぎ)。[[学習院大学]][[法学部]][[卒業]]。学位は[[学士 (法学)|法学士]][[学習院大学]]。[[お印]]は[[ヒイラギ|柊]](ひいらぎ)。
 
[[高円宮]]の[[宮号]]は[[昭和天皇]]から賜ったもので、父宮の宮号の由来となった奈良市の[[三笠山]]の近くにある[[高円山]]から採られた。
[[昭和]]29年([[1954年]])、[[三笠宮崇仁親王]]の三男として誕生。学習院高等科時代は写真部に所属し、以来写真撮影を趣味の一つとした。
 
昭和53年([[1978年]])[[学習院大学]][[法学部]]卒業後、同年から昭和56年([[1981年]])[[カナダ]]の[[クイーンズ大学_(カナダ)|クイーンズ大学]]に留学。帰国後から[[国際交流基金]]で[[嘱託]]となり、公務の傍ら一般職員同様に勤務した。
 
昭和59年([[1984年]])[[4月23日]]、[[カナダ大使館]]のレセプションパーティーにて[[鳥取滋治郎]]の長女・[[憲仁親王妃久子|鳥取久子]]と知り合った。5月上旬には三笠宮から鳥取久子に対し、憲仁親王への好意の有無が確認された。[[5月20日]]に英語でプロポーズをし承諾の返答を得た。
匿名利用者