「東久邇聡子」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[Image:HIH Princess Higashikuni Toshiko.jpg|thumb|200px|聡子内親王]]
'''東久邇聡子'''(ひがしくに としこ、[[1896年]][[5月11日]] - [[1978年]][[3月5日]])は、[[日本]]の元[[皇族]]で、[[東久邇宮稔彦王]]妃。[[明治天皇]]の第9皇女で、母は[[園祥子]]。[[御称号]]は'''旧名、泰宮'''聡子内親王(やすのみや としこないしんのう、[[御。皇籍離脱前の]]'''、稔彦王妃聡子内親王'''なるひこおうひ としこないしんのう)。
 
==生涯==
[[1915年]]に[[東久邇宮稔彦王]]と結婚し、[[盛厚王]]、[[師正王]]、[[粟田彰常|彰常王]]、[[多羅間俊彦|俊彦王]]の4男をもうける。その中の長男・盛厚王は[[昭和天皇]]第1皇女・[[東久邇成子|照宮成子内親王]](てるのみやしげこないしんのう)と結婚した。
 
ちなみに夫の稔彦王は“発展家”として有名であり、宮家としての規範から外れた行動をとる稔彦王に聡子内親王は振り回されていた。例えば[[大正天皇]]の容態が思わしくなくなったという報が[[ヨーロッパ]]遊学中の稔彦王に入ったが、稔彦王は息苦しい日本に戻るのを嫌い、一向に帰国の素振りを見せなかったため、日本で留守宅を守っていた聡子内親王が「私の面目は丸つぶれである」と稔彦王お付きの者に送った手紙が現存している<ref>『宮家の時代』ISBN 4022502266</ref>。
匿名利用者