「中宮職」の版間の差分

編集の要約なし
'''構成は上から記述'''
 
*[[中宮職|中宮大夫]](だいぶ)は定員1名。[[位階]]は[[従四位下]]。
*[[中宮職|中宮権大夫]](ごんのだいぶ)は定員1名。位階は[[従四位下]]。
 
*[[中宮職|中宮亮]](すけ)は定員1名。位階は[[従五位下]]。
*[[中宮職|中宮権亮]](ごんのすけ)は定員1名。位階は[[従五位下]]。
 
*[[中宮職|中宮大進]](たいじょう、「たいしん」とも言う。)は定員1名。位階は[[従六位上]]。
*([[中宮職|中宮権大進]](ごんのたいじょう、「ごんのたいしん」とも言う。)もあったと思われ、[[後醍醐天皇]]側近の[[多田頼貞]]が'''皇太后宮権大進'''に叙任している。位階は[[従六位上]]と思われる。)
*[[中宮職|中宮少進]](しょうじょう、「しょうしん」とも言う。)は定員2名。位階は[[従六位下]]
*[[中宮職|中宮権少進]](ごんのしょうじょう、「ごんのしょうしん」とも言う。)は定員1名。位階は[[従六位下]]
 
*[[中宮職|中宮大属]](だいさかん、「たいさかん」とも言う。)は定員1名。位階は[[正八位下]]。
*[[中宮職|中宮少属]](しょうさかん)は定員2名。位階は[[従八位上]]。
 
少属の下に「史生」(しせい)→「職掌」(しきしょう)→「使部」(しぶ)→「直丁」(じきちょう)の下級職員と「侍長」(さむらいのおさ)→「侍」(さむらい)の警備職員、および「女孺」(にょじゅ)の女官が存在する。職掌・侍長・侍は[[平安時代]]中期に設置されていた[[令外官]]である。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者