「オウムバナ科」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot: リダイレクト回避 (WP:BOTREQ))
| 下位分類 = *本文参照
}}
 
[[画像:Heliconia-psittacorum-Réunion.jpg|thumb|''Heliconia psittacorum'']]
'''オウムバナ科''' (ヘリコニアHeliconiaceae) は[[単子葉植物]]の[[ショウガ目]]に属する植物の[[科 (生物)|科]]。オウムバナ属(''Heliconia'') の)だけからなる1[[属 (生物分類学)|属]]約80[[種 (分類学)|種]]からなり、園芸では'''ヘリコニア'''と呼ぶ。
 
== 形態・分類==
オウムバナこの (Heliconiaceae) は[[単子葉植物]]の[[ショウガ目]]・属に属する植物の[[科 (生物)|科]]。は、熱帯アメリカ原産でオウムのくちばしが連なったような鮮やかな「[[花序]]」を鑑賞するため[[温室]]植物として栽培され、花卉としても出荷される。
 
== 形態・分類==
大型の[[多年草]]で、[[偽茎]]を持つ。[[鳥媒花]]で大型の、緑、赤、黄色などの鮮やかな色の舟形、あるいはオウムのくちばし形の[[苞]]をもつ。花は苞の中に包まれ、花被片は6枚。今でも古い資料を引用したものでは、[[バショウ科]]に分類していることもある。
 
==オウムバナ属 ==
オウムバナ属 (ヘリコニア ''Heliconia'') の1[[属 (生物)|属]]約80[[種 (分類学)|種]]からなり、園芸ではヘリコニアと呼ぶ。
オウムバナ属 (''Heliconia'')
 
== 栽培される主な種 ==
匿名利用者