「三塁手」の版間の差分

→‎概要: -敬称 C現在の所属
(→‎概要: -敬称 C現在の所属)
日本のプロ野球では[[長嶋茂雄]]の活躍に印象付けられたせいか、強打の三塁手が多く、花形ポジションのイメージが強い。一方で、[[メジャーリーグベースボール|メジャー]]では日本ほど該当する選手の数は多くない。しかし「三塁手は強打者」というイメージ自体は日本同様に存在している。
 
かつての[[横浜ベイスタ広島東洋カ]]の遊撃手の[[石井琢朗]](もともと投手で野手転向時は三塁手)は、中学野球小僧の取材で「サッカーに例えるとショートはフォワードのような運動量の多いポジション。サードはゴールキーパーのように体を張って守るポジション。」と語っている。