「近藤秀用」の版間の差分

編集の要約なし
'''近藤 秀用'''(こんどう ひでもち、[[天文 (元号)|天文]]16年([[1547年]]) - [[寛永]]8年[[2月6日 (旧暦)|2月6日]]([[1631年]][[3月8日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[江戸時代]]前期の[[大名]]で、[[遠江国]][[井伊谷藩]]の藩主。[[近藤康用]]の子。通称、勘助。登助。平右衛門。官位は従五位下、[[石見国|石見]]守。弟妹に用豊、用成、用忠、用政、中野三信(井伊掃部頭家臣)の妻、近藤用勝([[徳川頼宣]]家臣)、中川忠重の妻。子に[[近藤季用|季用]]、[[近藤用可|用可]]、[[近藤用宗|用宗]]、[[近藤用義|用義]]、米倉某の妻、[[小笠原権之丞]]室(のちに九鬼長兵衛の妻)、[[由良貞繁]]室。
 
== 経歴 ==