「共犯」の版間の差分

 
**'''純粋惹起説'''(独立性志向惹起説)
:共犯自身が違法かつ有責に法益を侵害することが処罰根拠であるとして、正犯の構成要件該当性は不要とする(違法性は要求する見解が多い)。[[限縮的正犯概念]]を前提として正犯と共犯の区別を行為類型の差に求め、[[要素従属性]]が緩和されるだけでなく、正犯なき共犯をも認める(拡張的共犯概念)。また、共犯なき正犯も肯定する。日本では関西系の結果無価値論者に支持者が多い。従来は[[共犯独立性説]]に立つ近代派([[牧野英一]]ら)によって支持されていた。
 
**'''修正惹起説'''(従属性志向惹起説)
匿名利用者