「三浦清宏」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{文学}}
'''三浦 清宏'''(みうら きよひろ、[[1930年]][[9月10日]] - )は、[[日本]]の[[小説家]]、[[心霊研究者]]、元[[明治大学]][[理工学部]][[教授]]。[[北海道]][[室蘭市]]に出生。[[東京大学]][[文学部]][[英文学]]科に進んだものの学生運動で休講続きの東大を嫌って21歳で[[退学|中退]]し渡米、聴講を含めて3つの大学に通い、[[アメリカ合衆国|アメリカ]]・[[サンノゼ州立大学]]卒業後、[[アイオワ大学]]ポエトリー・ワークショップ修了。ヨーロッパを巡った後、31歳で帰国。アイオワ時代に米国留学中の[[小島信夫]]と知り合ったことがきっかけで[[1967年]]から[[2001年]]まで、明治大学で英語を教える。また、禅や心霊の研究に傾倒し関心を持ち、[[ロンドン1991年]]から[[1999年]]まで[[日本心霊研究科学協に出席したこともあ]]の理事を務める。
アイオワ時代に米国留学中の[[小島信夫]]と知り合ったことがきっかけで明治大学の教員となる。[[1975年]]、「赤い帆」で第72回[[芥川龍之介賞]]候補。[[1988年]]、「長男の出家」で第98回芥川龍之介賞受賞。[[2006年]]、「海洞」で第24回[[日本文芸大賞]]受賞。
 
アイオワ時代に米国留学中の[[小島信夫]]と知り合ったことがきっかけで明治大学の教員となる。[[1975年]]、「赤い帆」で第72回[[芥川龍之介賞]]候補。[[1988年]]、「長男の出家」で第98回芥川龍之介賞受賞。
 
== 作品リスト ==
222

回編集