「XY理論」の版間の差分

revert; ハングル部分はサンドボックスの利用を促す注意書きのようです
(revert; ハングル部分はサンドボックスの利用を促す注意書きのようです)
'''XY理論'''(えっくすわいりろん)は、[[ダグラス・マグレガー]]が人間に対する2つの対立的な考え方を「権限行使による命令統制のX理論」と「統合と自己統制のY理論」と提唱。
 
혹시 위키백과 편집 연습을 하고 있다면, 저장 버튼을 누르지 말아주세요. 편집 연습을 위해 따로 연습장이 마련되어 있습니다.
== 概要 ==
XY理論は、ダグラス・マグレガーの著書『企業の人間的側面』の中に登場する理論。著書の中で、権限行使と命令統制による経営手法をX理論として批判し、統合と自己統制による経営が、将来の良い経営手法となると主張。
[[アブラハム・マズロー]]が先に唱えた[[欲求段階説]]を基にして説明されている。XY理論に境界はなく人間はX-Yを繋いだ線上にある前提で、X理論は低次元の[[欲求]]を多く持つ人間の行動モデルに分類され、Y理論は高次元の欲求を多く持つ人間の行動モデルに分類される。
 
マクレガーは、低次元の欲求が満たされている人に対してはX理論による経営手法の効果は期待できない。低次元の欲求が満たされている1960年代ではY理論に基づいた経営方法が望ましい、と主張した。
 
 
== X理論 ==
== XY理論の否定 ==
Y理論が万能ではない事が指摘され始め、マクレガーはZ理論の開発を始めたが志半ばで倒れてしまった。
 
マクレガーは、低次元の欲求が満たされている人に対してはX理論による経営手法の効果は期待できない。低次元の欲求が満たされている1960年代ではY理論に基づいた経営方法が望ましい、と主張した。
マズローはY理論に手を加え発展的にY理論を修正している。マズローによると、ある[[会社]]が置かれた社会環境が低次元の欲求に支配されていれば、Y理論的な経営は持続できないとし、具体的に貧困な状況に置かれた[[発展途上国]]の問題など人間性を指摘した。貧困からくる金銭的欲求によって短絡的な[[利益至上主義|利益追求]]を優先する本来のY理論的な経営にはならない、と述べている。