「見知らぬ女からの手紙」の版間の差分

m
bot:WP:STY - 半角中黒の全角への修正
(カテゴリリンク修正)
m (bot:WP:STY - 半角中黒の全角への修正)
[[1945年]]、2人は再び北京で一瞬出会う。時は[[日中戦争|戦時]]下、幼い子供に不自由をさせたくない一心で、女は[[娼婦|高級娼婦]]となっていた。そして男は女を全く覚えていなかった。失望と諦観に馴れながら、女は何も明かさずに男の誕生日に毎年白い薔薇の花束を贈り続けた。それは愛を交わした日の思い出の花だった。
 
そして[[1947年|2年後]]、パーティーの席で顔を合わせた2人。過去を思い出さないままの男の誘いを、女は拒まなかった。翌朝、ふと微かな[[既視感|デジャブ]]にとらわれた男を残し、女は自分の贈った薔薇を1輪貰って去った・・・
 
女からの手紙は2人の間の息子の病死を告げており、そして手紙の到着は女が亡くなったことを意味していた。「恋に落ちたあの時から、私の心にいたのはあなただけ<!-- {{lang|zh|从那一秒钟起,我的心里就只有一个人,就是你}} -->。」{{ネタバレ終了|物語}}
204,864

回編集