「バルムンク」の版間の差分

グラムとごっちゃになっているようなので。
m (オーディンとの関係(「グラム」より))
(グラムとごっちゃになっているようなので。)
'''バルムンク''' ('''Balmung''')は、[[ニーベルンゲンの歌]]に登場する
[[en:Gram (mythology)]]
[[ジークフリート]]の宝剣。
 
[[北欧神話]]の[[グラム]]、[[ニーベルングの指輪]]の[[ノートゥング]]に相当する。
'''バルムンク'''は、[[北欧神話]]に登場する架空の[[武器]]。長さ 2[[メートル|m]] の長[[剣]]で、[[ジークフリード]]や[[ジグムンド]]が扱った[[魔剣]]とされる。'''グラム'''という別名もある。
 
本来はニーベルンゲン族の宝だったが、財宝の分配を巡って争ったジークフリートが奪い取り、
[[オーディン]]が作り、またオーディン自身が槍([[グングニル]])の一撃で砕いたとされる。
ニーベルンゲン族を斬り捨てるのに使う。<br>
その後、ジークフリートの愛剣として、数々の軍功を挙げた。
 
ジークフリートが暗殺された後、ハーゲンはニーベルンゲンの財宝をライン川に沈めるが、
バルムンクだけはとっておき、自分の剣とした。
 
その後、ハーゲンを捕らえた[[クリームヒルト]]は、バルムンクでハーゲンの首を刎ね、
夫の復讐を果たした。