「持分法」の版間の差分

=====必要な修正手続=====
*B社からA社への剰余金配当 - 通常の連結と同じく消去
*A社・B社間の商品売買取引(商品・固定資産等)は、どちらも税効果会計を適用して
**ダウンストリームではAB社売上・B社売却益
**アップストリームではAB社商品・固定資産を それぞれ修正する。
***通常の連結との大きな違いとして、関連会社へのダウンストリームと、すべての場合のアップストリームは、'''未実現損益を全額消去しない'''。未実現損益のうちA社の持分比率に応じた額のみ消去する(反対に、通常の連結では(本支店会計も)、未実現損益は全額消去する)
***また、アップストリームでは税効果会計を適用するが税効果会計の科目は使わない
*在外関連会社への外為会計(通貨換算) - 通常の連結と同じ。すなわち資産・負債はCR、資本金・利益剰余金はHR、P/Lと当期純利益は親会社との取引を除き原則AR(容認CR)。
 
匿名利用者