「一国社会主義論」の版間の差分

編集の要約なし
{{社会主義}}
'''一国社会主義論'''(いっこくしゃかいしゅぎろん)とは、世界革命を経なくても一国で[[社会主義]]の建設が可能だとする考え方。[[1924年]]に[[ヨシフ・スターリン]]が主張し、各国の[[共産党]]において支配的な見解となった。
 
==脚注==
<references/>
 
==外部リンク ==
* [http://www.newyouth.com/archives/theory/faq/why_socialism_in_one_country_impossible.asp Marxist.com on 'Socialism in one country']
 
{{DEFAULTSORT:いつこくしやかいしゆき}}