「レオニード・クチマ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: az:Leonid Kuçma)
m編集の要約なし
}}
 
'''レオニード・ダニロヴィッチ・クチマ'''('''{{lang|uk|Леонід Данилович КýчмаКучма}}''', [[1938年]][[8月9日]] - )は、[[ウクライナ]]の[[政治家]]。第2代ウクライナ[[大統領]]。
 
== 概要 ==
1938年8月9日、当時、[[ソビエト連邦]]の一部だった[[ウクライナ・ソビエト社会主義共和国|ウクライナ共和国]][[チェルニーヒウ州]]北ノヴホロド地区チャイキノ村に生まれる。[[1960年]]、ドニプロペトロウシク大学物理技術学部を卒業し、[[ドニプロペトロウシク州]]にある[[大陸間弾道ミサイル|ICBM]]などのブースターロケットを製造していたピデンマシ(ロシア語ではユージマシ)に勤務する。[[1986年]]に総工場長に就任。この間、[[ソビエト連邦共産党]]に入党するが、[[1991年]]8月の保守派による[[ソ連8月クーデター]]の後、共産党を離党する。
 
ウクライナ独立後の[[1992年]]10月に[[レオニード・クラフチュク]]大統領の任命により、ウクライナ首相に就任するものの、経済危機を食い止められず一年後に辞任。[[1994年]][[7月10日]]の大統領選挙にクチマは、現職のクラフチュクに挑戦する形で立候補する。大統領選挙の結果、クチマは52.14%を獲得し、現職のクラフチュクに勝利し、第2代のウクライナ大統領に就任した。[[1999年]]11月に再選。
1,139

回編集