メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
現役時は[[アメリカンフットボールのポジション#ランニングバック|ランニングバック]]として活躍。日本選抜ヘッドコーチ<!--いつ頃でしょうか-->なども歴任した。
 
慶應義塾大学を卒業後、企業に勤めたがアメリカンフットボールの魅力を日本で広めたいと考え、友人たちと雑誌の創刊にむけて動き回った。昼間は仕事をしながら夕方以降に編集作業、週末には試合を見て回った。1970年9月にアメフト専門雑誌「[[月刊タッチダウン|TOUCHDOWN]]」を創刊したが最初は[[口コミ]]による通信販売であった。本人も不満足であった創刊号は当時[[関西学院大学ファイターズ|関西学院大学アメリカンフットボール部]]ヘッドコーチだった[[武田建]]によると読まずに捨てられた程度のものであったという。1971年、[[結核]]に罹り[[信濃町]]にある[[慶応病院]]に入院し3年間の安静を医師から言い渡され仕事は休職した<ref>『進め!スーパーボウル』 後藤完夫</ref>。復職後の1974年7月に会社を退社しスポーツ出版社を設立、同年9月からTOUTHDOWNを隔月で発刊した。1974年4月に[[東京オリンピックにおける陸上競技|東京オリンピック]]の男子[[100メートル競走|100m]]金メダリストで[[ダラス・カウボーイズ]]に所属していた[[ボブ・ヘイズ]]が来日し日本でもアメリカンフットボールへの関心が高まっていた。同年に[[日本教育テレビ]]で始まった[[NFL]]番組、『全米フットボール』(アナウンサーは[[志生野温]]、1978年10月まで放送)の解説を担当した。1976年の[[アメリカ合衆国建国200周年]]を目前として第1次NFLブームが巻き起こった。
 
[[1976年]]に[[NFL]]本部を訪問し、その後翌[[1977年]]の[[第11回スーパーボウル]]より[[スーパーボウル]]取材をアメリカ以外のメディアとして初めて認められた<ref>『スーパーボウル』 後藤完夫</ref>。
122,030

回編集