「シクロヘキサン」の版間の差分

m
'''シクロヘキサン'''の大部分は[[ベンゼン]]を[[ニッケル]]あるいは[[パラジウム]][[触媒]]を用いて接触水素添加(水素化)することで工業的に生産される。また、石油改質の過程で生成するメチルシクロペンタンは触媒を用いてシクロヘキサンに転化し利用される。
 
工業的に生産されるシクロヘキサンは[[シクロヘキサノン]]や[[シクロヘキサノール]]に転化され、最終的には[[ε-カプロラクタム]]、[[アジピン酸]]、[[1,6-ジアミノヘキサメチレンジアミン]]となり、[[6-ナイロン]]、[[6,6-ナイロン]]の原料として利用される。
 
シクロヘキサンの2008年度日本国内生産量は 556,736 t、工業消費量は100,363 t である<ref>[http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/02_kagaku.html 化学工業統計月報] - 経済産業省</ref>。また、[[防毒マスク]]の吸収缶の試験用ガスとしても、利用される事もある。