「三囲神社」の版間の差分

項目「祭神」を追加
m
(項目「祭神」を追加)
 
[[元禄]]6年([[1693年]])、[[旱魃]]の時、俳人[[其角]]が偶然、当地に来て、地元の者の哀願によって、この神に雨乞いする者に代わって、「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を神前に奉ったところ、翌日、降雨を見た。このことからこの神社の名は広まり、京都の豪商三井氏が江戸に進出すると、その守護神として崇め、三越の本支店に分霊を奉祀した。
 
== 祭神 ==
{{節stub}}宇迦之御魂之命、[[宇迦御魂之命]]。
[[丹後神社]]の祭神も、宇迦御魂之命である。
 
==その他==
362

回編集