「伊吹吾郎」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
| 没日 =
| 職業 = [[俳優]]
| ジャンル = [[テレビドラマ]]、劇場[[映画]]、[[舞台]]
| 活動期間 = [[1960年代]]後半-
| 活動内容 = [[1965年]]:日本映画テレビ演劇学院入所<br>[[1966年]]:東宝第7回ニューフェス<br>[[1968年]]:東宝を退社しフリーに<br>同年:テレビ『さむらい』でデビュー<br>[[1969年]]:『[[無用ノ介]]』<br>[[1979年]]:『[[必殺仕事人]]』<br>[[1983年]]:『[[水戸黄門 (パナソニック ドラマシアター)|水戸黄門]]』渥美格之進
| 配偶者 = 妻
| 家族 = 長男([[伊吹康太郎]])、長女
 
==来歴・人物==
[[1965年]]に日本映画テレビ演劇学院に入所、[[1966年]]、東宝第7回ニューフェイス入り、東宝俳優養成所、入所、卒業等の芸歴を経て、テレビドラマ『[[さむらい]]』でデビュー、『[[無用ノ介]]』でオーディションにより初主演を果たす。
 
[[1969年]]から[[1980年]]までは[[東映]]映画の出演が多く、[[仁義なき戦い]]シリーズにも印象的な好演を残す。